責任とやりがいのあるエンジニアの仕事

エンジニア、特にシステムエンジニアの役割とはどんなものでしょうか。この職種は企業などで使われるソフトウェアの制作やシステムの開発を行います。
これらの作業はプロジェクトチーム単位で行われますが、その中で作業の進捗や全体の調整など、プロジェクトのマネージャーてき立場として活躍することになります。リーダーであり、それと同時に各チームメンバーを支える役割も担います。
ソフトウェアの制作やシステム開発では依頼主から発注を受けてから作業を行いますので、依頼主の要求をしっかりと汲み取り、チームメンバーと共有することが重要となります。このような高度なコミュニケーション能力も同時に必要とされます。依頼主からの要求は時として突然変更になることが見受けられます。そのような時に感情的にならずに冷静に話し合いができる能力が求められます。

このようにIT系の職種の中でも技術的な面だけでなく、ヒューマンスキルも求められる総合的な仕事といえます。さらにソフトウェアやシステムを作成するわけですから、その品質には大きな責任が伴ってきます。成果物が他の企業や役所、あるいは公共機関などで使われますので、正しく動作することがなによりも大切です。
一方で自分で作ったものが世の中の役に立っているという大きなやりがいを感じることができる仕事なので、自分がどのようなエンジニアになりたいか、しっかりと目標設定をして、日々の業務にあたることが成長するための近道です。